ソープで嫌がられる客とはどんな客?

ソープで嫌がられる客とは

ソープランドとは

風俗は接客業ですので、色々な人を対応します。 しかし、密接になる風俗では嫌がられる行為が多く存在します。 それは一体どんなことなのでしょうか。 何もしていないのに嫌がられることもありますが、それは客自身の問題が多いようです。 どんな問題があるのでしょうか。

風俗で働く理由

風俗で働く人たちは何らかの理由で働いています。 嫌がられる行為の一つは働く理由と相違しているからです。 また職業や環境で働く理由が変わっているようです。 どんな理由があり風俗ではたらいているのでしょうか。 知っておくと風俗嬢と密接な関係になれるかもしれません。

風俗嬢に好かれるタイプとは

風俗は接客の仕事といえどお客さんと恋人関係になることも少なくはないそうです。 男性側は密接なサービスに勘違いしてしまい恋人関係を迫ることが多いようですが、1番嫌われるパターンです。 風俗嬢にはどのようなタイプが好かれるのでしょうか。 また、交際した例はあるのでしょうか。

風俗嬢に嫌がられる客

ソープとはソープランドの略称で、性サービスを行う接客業です。
性サービスを行う業種としては料金が1番高い種類です。

ソープには高級店と大衆店の2種類があり、高級店の方がサービスが濃厚で種類も多いとされています。
高級店はその名の通りサービス料金が高くソープ嬢への給料も高くなります。
大衆店は高級店よりサービス料と給料は下がりますが、サービス時間が短いのが特徴です。
高級店のサービス時間は約90分〜120分です。
大衆店のサービス時間は約40分〜60分です。
サービス時間は店によって変わりますので確認の上で来店してください。

ソープ嬢の収入はサービス1回ごとの料金です。
店によって変わりますが、給料はサービスの料解け金から支払われますのでサービスの追加が行われるほど給料が高くなります。
大衆店に来るお客さんはお金に余裕がある人ばかりではありませんので、追加サービスを狙うよりお客さんをより多く回すことが高収入のポイントとされています。

ソープのサービス内容は店のコンセプトで変わりますが、ソープの醍醐味とされているサービスがマットプレイです。
そして風俗の中でも本番行為がある業種です。
本番ができることを公開していないところがほとんどです。
大衆店では予算やサービス時間の都合で、マットプレイが省略されている場合があります。
時代とともにサービス内容やコンセプトが変わってきていますので、働く側もお客さんも色々な店を探す楽しさがあります。

TOPへ戻る